トヨタ残クレには落とし穴がある?メリットとデメリットを解説

自動車を購入しようと思ったら、自動車ローンを思い浮かべる方が多いかと思われます。

ですが、実際に車を買いに行くと「残クレ」という方法を勧められることも多いのです。

トヨタなどのディーラーが勧めてくることが多い残クレですが、果たしてどういったサービスなのでしょうか。

こちらではトヨタ残クレについて解説しますので、興味がある方はぜひご参照ください。

トヨタ残クレのメリット・デメリット

toyota2

さて、まずトヨタ残クレがどういったサービスかと言いますと

「車を買い替えるときの下取り分を購入金額から引き、残りの金額を分割で払う」

というサービスになります。ちなみに、「残価設定型クレジット」の略です。

3年プラン、5年プランと期間も色々とありますが、メリットとデメリットがあります。

トヨタ残クレのメリット

・色々な新車に乗ることができる
・新車の乗り換えが安くできる
・満期時に選択できる幅が広い

トヨタ残クレを使いますと、3年後に下取りしてもらう分のお金を差し引いてくれますので、新車が安く乗れるというメリットがあります。

というより、トヨタ残クレを使う目的といったらこれだといえます。

中古車じゃなくて自分は色々な新車を試してみたいんだと思っている車好きの方にうってつけのサービスといえるでしょう。

また、満期時に「やっぱりこの車気に入ったから購入したい」という場合でも、購入プランに切り替えることもできます。

新車なんで、乗ってみて、実際に生活してみないと3年後に乗り換えたくなるか分からない…と思っている方でも安心してご利用できるサービスです。

トヨタ残クレのデメリット

・走行距離に制限があったり、メンテナンスをしっかりとしないとならないなど窮屈
・結局、支払う金利が安くならないことも多い
・普通に乗っていた新車を下取りに出したほうがお得なこともある

トヨタ残クレは最後には下取りに出すのですから、当然のことながら、車はある程度の品質が保たれていないとなりません。

走行距離の制限を超えたり、車に傷がついたりしていると下取り金額が安くなってしまいます。

つまり、最高の状態を保つために色々とメンテナンスをする必要があり、のびのびと車を運転できないのです。

まるでレンタカーに乗っているようだと感じる方も多いようですね。

また、最高の状態を保っていても、下取り価格は購入時の金額で取引されます。

ところが、同じ車をもっと高い金額で買い取ってくれる中古車業者もいるなどといったことも多々あります。

トヨタ残クレのデメリットとしては「結局、普通に買ったほうがよかった」と感じることが多いという点にあるようです。

とはいえ、メンテナンスなどをしっかりとしていれば色々な新車に乗れるというメリットは見逃せません。

乗るんなら新車がいい!とお考えの方は、ぜひトヨタ残クレの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

車のメンテナンス費用を借りるなら消費者金融もおすすめ

toyota3

さて、トヨタ残クレを利用する際には車のメンテナンス費用のことなども考慮に入れておくことをお勧めします。

メンテナンス費用があって、初めてトヨタ残クレはうまく機能するといえるでしょう。

ディーラーからはメンテナンス費用のローンサービスなどもお勧めされるかもしれませんが、メンテナンス費用程度のお金でしたら消費者金融の利用もお勧めです。

消費者金融でしたら、アコムのように30日間無利息キャッシングサービスを提供している優良な業者も多くなっております。

しかも、アコムでしたら最短1時間で借りられるようになるなど、メリットが多いので、ぜひアコムを利用して車のメンテナンス費用を借りましょう。

btn_shosai_acom

※モビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です