東北銀行(とうぎん)カードローン|審査と在籍確認について

お金の借り入れをする際に、審査の在籍確認で会社へ電話連絡があると、会社の同僚・部下・上司にバレそうで不安という方も多いかと思います。
やはり、カードローンを利用するときは、誰にも内緒で借りれる金融商品が一番ですよね。

しかしながら、東北銀行カードローンの審査の在籍確認は会社への電話連絡です。

よって、東北銀行カードローンの利用を検討している方で、在籍確認で職場に電話連絡があるのは困るという方は、別の金融機関のカードローンの利用した方が賢明かと思います。

もし、誰にも内緒でお金を借りたいならモビットの利用がお勧めです。

モビットのWEB完結申込みならば、会社と自宅への電話連絡なし、郵送物なしでキャッシングをすることができます。

btn_shosai_mobit

東北銀行(とうぎん)カードローンとは

tgn2

とうぎんという愛称で親しまれている東北銀行は、岩手県盛岡市に本店がある地方銀行で、いわゆる戦後地銀とされています。

戦後地銀というのは戦後に設立された地方銀行のことで、1950年から1954年の間に設立されたものを指します。

そんな地方銀行である東北銀行のカードローンは、パートの主婦も借入できると口コミで評判です。

ただし、東北銀行カードローンは低金利であるため、その審査は厳しいことが想定されます。

したがって、東北銀行カードローンの審査に通る自信がない方は、当サイトで紹介している消費者金融のカードローンを利用した方が良いかもしれません。

たとえば、先ほど紹介させて頂いたWEB完結申込みのモビットや、アコム、プロミスならば安定した収入があれば、アルバイト、パート、自営業、派遣社員の方も借り入れ可能です。

東北銀行カードローンはパート主婦の借り入れも可能ではありますが、低金利であるため審査が厳しく時間もかかるので、アルバイトやパート主婦、自営業の方などは消費者金融のカードローンの方がお勧めです。

東北銀行カードローンの審査は甘いから在籍確認なしって本当なの?

tgn3

結論から言ってしまうと、東北銀行カードローンの審査は甘いということはありません。

審査が甘くはないので、当然、在籍確認なしという事実もありません。

東北銀行カードローンの審査の在籍確認について、公式ホームページ上で確認してみましたが、こちらには審査の在籍確認がどのように行われるのかは残念ながら確認することができませんでした。

しかしながら、他の消費者金融や銀行カードローンの審査の在籍確認の基準から考えれば、東北銀行カードローンの審査の在籍確認の方法は、まず間違いなく、会社への電話連絡になると考えられます。

会社への電話連絡にやり方は、東北銀行のスタッフが顧客の登録した自宅への電話番号や会社へ電話連絡をすることで行われることになるでしょう。

東北銀行カードローンの審査の在籍確認のやり方ですが、こちらは特別なことではありません。

他の銀行や消費者金融のカードローン審査の在籍確認も、顧客がきちんと会社に勤めているかを確認するために、原則として顧客が勤務している会社に電話連絡をします。

銀行によっては電話連絡をするにあたって個人名ではなく銀行名を名乗る場合もありますので、会社に銀行カードローンの借入がばれるのが心配な人は、あらかじめ審査において会社への電話連絡をなしにできる金融機関で借り入れ申込みをした方が賢明です。

先ほども申し上げましたが、東北銀行カードローンの利用を検討していたけれど、審査の在籍確認が会社電話連絡だということを知って、別のところからお金を借りたいという人は、消費者金融モビットがお勧めです。

モビットのWEB完結申込みを利用して、会社と自宅への電話連絡なし、郵送物なしでお金を借りましょう。

また、モビットの他に、アコムもお勧めです。

アコムの審査の在籍確認は会社への電話連絡によるものですが、アコムのスタッフは個人情報の取り扱いを非常に慎重にしてくれますので、会社バレする可能性は限りなく低いかと思います。

審査の在籍確認の会社電話連絡が心配な人は、消費者金融のアコムの利用も検討してみてください。

アコムは審査の在籍確認において、必ず、個人名を名乗って電話連絡をします。

加えて、「初めてのアコム♪」のフレーズ通り、初めての借入で不安な人にも優しくスタッフがレクチャーしてくれますよ。

btn_shosai_mobit

東北銀行カードローンと消費者金融のカードローン、どちらがお得なのでしょうか?

tgn4

東北銀行カードローン、つまり銀行のカードローンと消費者金融のカードローン、どちらがお得なのでしょう。

もし、利用するのなら、よりお得なカードローンを申込みたいですよね。

まず、東北銀行カードローンについて説明しますが、東北銀行カードローンには、とうぎんカードローン「BuDDY」、とうぎんカードローン「夢・ポケット」、とうぎんカードローン「心配御無用PLUS」という3種類があります。

その中でもっともポピュラーなカードローンである、とうぎんカードローン「BuDDY」について説明しますね。

とうぎんカードローン「BuDDY」の特徴
■使い道自由
■借入限度額 10万円以上500万円以内
■金利 4.8~14.0%
■インターネットで仮審査審査の申込みは可能、しかし、正式な手続きをするには来店の必要がある

とうぎんカードローン「BuDDY」は、かなり低金利なので、金利の安さだけを求めるのなら、とうぎんカードローン「BuDDY」の方が消費者金融のカードローンよりもお得かもしれません。

しかしながら、とうぎんカードローン「BuDDY」は即日融資をすることはできないので、すぐにお金を借りたい人には不向きです。

消費者金融のカードローンの場合は即日融資の可能性が高く、また、銀行のカードローンの方が審査が厳しいという特徴があります。

したがって、どうしても確実に今すぐお金を借りる必要がある人は、消費者金融のカードローンの方が審査に通る可能性が高いのではないでしょうか。

たとえば、アコムのカードローンならば利息の支払いも安く抑えることができます。

アコムのカードローンは、他の消費者金融のカードローンとは異なり、優遇サービスがあるんです。

アコムのカードローンは即日融資可能かつ初回限定で金利ゼロキャッシングをすることができますよ。

アコムの金利ゼロキャッシングならば最大30日間無利息ですので、お金をすぐに返済してしまえば、東北銀行カードローンよりもどの銀行のカードローンよりも安くお金を借りることができます。

アコムのカードローンの審査も甘くはありませんが、それでも、銀行カードローンの審査よりも通る可能性はあるかと思います。

アコム同様、プロミスも無利息キャッシングが利用できますからこちらもお勧めです。

アコム、プロミスについても、当サイトの消費者金融リストから借り入れ申込みができますから、ぜひ、コチラ↑↓から申し込んでみてください。

アコム、プロミス、モビットは即日融資にも対応しているので、急いでお金を借りる必要がある方にとってもお勧めです。

ただし、東北銀行カードローンの審査のように、在籍確認の方法が会社電話連絡なのは困る、という方は、モビットのWEB完結申込みを利用して、会社電話連絡なし、郵送物なし、でお金を借りましょう。

誰にも内緒でお金を借りたいなら、モビットのWEB完結申込みが一番お勧めですよ。

btn_shosai_mobit

※モビットの即日融資については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です