ソニー銀行カードローンの審査は職場・会社への在籍確認なしですか?

ソニー銀行カードローンといえば、申込み停止状態にあったのですが、2015年7月に再び申込みが再開された銀行カードローンです。

ソニー銀行カードローンは、金利が低く、来店不要で借りれるインターネット銀行のカードローンですから、人気が高まっています。
そんなソニー銀行カードローンについて、今回の記事では解説していきます。

ソニー銀行カードローンの審査、在籍確認、増額などについて詳しく知りたい人は、ぜひ、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ソニー銀行カードローンの審査について

ソニー銀行カードローンの審査について

まずは、ソニー銀行カードローンの審査について解説しましょうか。
ソニー銀行カードローンを契約するためには、ソニー銀行が定めた審査基準を満たす必要があります。

ソニー銀行カードローンは、その名前が示すとおり、銀行のカードローンですので、消費者金融と比較すれば審査内容は厳しいものになります。なので、申し込みをする前に、事前に審査に対する心構えを知っておくのは大切です。

前もって、ソニー銀行カードローンの審査で、どのようなことが行われるかを知っておけば、いざ、審査のときに自分の勤務先に担当者から電話が来たとしても、うろたえることはありませんしね。

皆さんは、カードローン審査では、審査の一環として会社に電話連絡があるってご存知でしたか?
このカードローン審査における勤務先への電話連絡のことを、在籍確認と呼びます。

そもそも、在籍確認って何ですか?

そもそも、在籍確認って何ですか?

在籍確認というと、難しそうに聞こえますが、その言葉の意味は簡単です。

在籍確認という言葉の意味が良く分からないという方のため、まずは、言葉の意味を説明します。

カードローンにおける在籍確認は、勤務先に顧客がきちんと在籍しているかを確認する作業のことを意味します。

顧客が会社に在籍していることは、イコール、お給料をきちんともらっているので返済能力がある、ということになりますよね。

逆に、申告したはずの会社に在籍していない顧客は、本当は、働いていないか、あるいは、勤務先を偽っているということになります。
もし、きちんと会社に勤めていて、お給料を稼いでいる人ならば、勤務先について嘘をつく必要はないはずですから。

審査に自信がなかったり、会社に勤めていないけれど、どうしてもお金を借りる必要があるという場合、やむを得ず、申し込みのときに勤務先について虚偽の記載をしてしまいがちです。
しかし、このような虚偽の記載をしても、ほとんどの場合、審査のときにバレてしまいますし、嘘が発覚したときは、当然、カードローン審査に落ちることになるでしょう。

カードローン審査には必ず在籍確認があります。
在籍確認を『無し』にすることはできません。

なので、自分の勤務先は、正直に申告するようにしましょう。

ソニー銀行カードローンの在籍確認の方法は会社への電話連絡

ソニー銀行カードローンの在籍確認の方法は、顧客の会社に電話連絡をすることによって行うことになります。

通常、消費者金融のカードローンの在籍確認の場合、担当者が顧客の会社に電話連絡をするときは、個人名を名乗ることになります。
しかし、銀行の場合は担当者が銀行名を名乗ることもあります。

【金融機関の在籍確認の方法】

金融機関在籍確認の方法担当者の対応
銀行原則、会社への電話連絡個人名か銀行名を名乗る
消費者金融原則、会社への電話連絡必ず、個人名を名乗る

借入の問題というのは、とてもデリケートな問題です。
在籍確認の電話連絡がきっかけで、職場の人たちにお金を借りようとしていることを疑われることもあります。
そのことで、借入が発覚して、同僚や上司との間が気まずくなってしまうだけならまだいいですが、それによって今後の人事に影響してくることもあれば、それは大きなリスクですよね。

繰り返しますが、カードローンの在籍確認、というのは必ずあります。
在籍確認無しで、お金を借りることはできません。

ですが、カードローン審査のときに、会社へ電話連絡があるのを『なし』にすることは可能です。
たとえば、アコムやモビットは、在籍確認を書類で行ってくれることもある消費者金融です。

アコムは、担当者に「会社に電話連絡をされて職場にバレると困る」ということを相談することで、在籍確認を書類で行ってくれる場合があります。
また、モビットもWEB完結申込みを利用すれば、会社と自宅への電話連絡なし、郵便物なし、で契約ができます。

アコムやモビットは、ソニー銀行カードローンと比較すれば金利は低くはありませんが、小口の融資を専門としていた消費者金融の老舗だけあり、個人情報の保護についてはかなり徹底されています。

btn_shosai_acom btn_shosai_mobit

通常、カードローンの在籍確認で、お金を借りることが会社に発覚した、という話は聞きませんが、心配な人は消費者金融を利用するのも良いかもしれませんね。

在籍確認の会社への電話連絡の内容はどんなことを聞かれるのでしょうか?

在籍確認の会社への電話連絡の内容はどんなことを聞かれるのでしょうか?

さて。
在籍確認で、会社に電話連絡がかかってきたとき、どんなことを聞かれるのでしょうか。

通常、在籍確認の電話内容では、『住所』や『生年月日』を訊ねられることになります。
ただし、目的はあくまで本人確認なので、カードローンの契約内容についてダラダラ話すようなことはありません。
カードローンの在籍確認は、一度、本人であるという確認が取れれば、それで完了です。

なので、在籍確認の会話はほんの2、3言で済み、会話の時間もほんの十数秒で終わります。
よほどのことがなければ、カードローン契約は、会社の人間に知られることはないでしょう。

ただ、これについては、例外があります。
それは、職場にカードローンの利用者がいたり、借入経験者がいたりした場合です。
このようなケースでは、カードローンの利用者は、在籍確認の会社電話連絡を経験した人なので、たった一度の電話でも、在籍確認の電話だと気付くことがあります。

もし、カードローンの利用がバレる危険性は絶対に冒したくない、という人は、審査の際に会社に電話連絡があるカードローンを契約するのは得策ではないでしょう。

絶対に会社にお金を借りることを知られたくない!
お金に困っていることが職場の同僚にバレて関係をギクシャクさせるのが嫌だ!

このような人は、先ほども申し上げましたがアコムやモビットを利用した方が良いかと思います。

アコムは申込みをした後に、担当者に相談すれば、在籍確認を保険証や収入証明書類などの写しによって行ってくれる場合があります。

また、仮りに会社への電話連絡があったとしても、担当者は絶対に個人名を名乗りますので、会社バレの可能性は限りなく低いです。

モビットについては、WEB完結申込みでキャッシング申込みをすれば、そもそも、審査の際に会社への電話連絡自体がいきません。
したがって、電話連絡によって、お金を借りることが会社にバレやしないかとヒヤヒヤしたくない人は、初めからモビットに申し込みをするのがよいでしょう。

もちろん、銀行も借り入れのプライバシー保護については考えていますし、よほどのことがなければ借り入れが会社にバレるようなことはないかと思いますが。。。

銀行と消費者金融では、どちらの方が借入のプライバシーを守ってくれるのか

銀行と消費者金融では、どちらの方が借入のプライバシーを守ってくれるのか

カードローンを利用するときに、まず、何よりも秘密を厳守してくれることに重きを置く人も多いと思います。
どうしても、お金を借りることを自分以外の第三者に知られたくない人もいますよね。
家族に余計な心配をかけたくなかったり、お金の使い道についてどうしても誰にも知られたくなかったりする場合、他者に知られないで借りることが必要です。

でも、お金を借りるときに完全に他社に内緒で借りれるものなのでしょうか。
金融機関も、借入の問題はデリケートな問題であるとわかっていますから、極力、誰にもバレないように配慮して契約をさせてくれるはずです。

それでも、不慮の事態というものは起こりえますから、借入をなるべく他者バレの危険がないところが望ましいものです。
というわけで、人気のカードローンの個人情報の厳守状況を比較してみました。

【カードローンの個人情報厳守の状況比較】

金融機関名在籍確認の方法カードの受け取り利用明細
ソニー銀行原則、会社に電話・自宅へ郵送WEBでチェック可能
三菱東京UFJ銀行原則、会社に電話・自宅へ郵送
・テレビ窓口で受け取り可能
WEBでチェック可能
アコム原則、会社に電話・自宅へ郵送
・むじんくんで受け取り可能
WEBでチェック可能
モビット原則、会社に電話
WEB完結申込みなら書類でも可能
・自宅へ郵送
・自動契約機で受け取り可能
カードレスも選択可能
WEBでチェック可能

もちろん、↑の個人情報厳守の状況の比較表を見ただけでは、どのカードローンが一番プライバシーの順守が徹底されているかを断定することはできません。
しかし、審査の際の会社への電話連絡の有無や、カードの受け取り方法などは、銀行・消費者金融によってそれぞれ違いますので、表を参考にして自分に合った受け取り方法が選択できる業者を選択すれば、カードローンの利用が他人にバレる危険性は限りなく低くなるのではないでしょうか。

ちなみに、ソニー銀行カードローンのカードの受け取り方法は、自宅への郵送となります。

その一方、アコムやモビットは、自動契約機があります。
なので、カードを自宅に郵送されて家族に借り入れを知られるのを避けたいという方には、自動契約機を利用してカード発行をすることで、カードと契約書類をその場で受け取ることも可能となっています。

繰り返しますが、ソニー銀行カードローンは、テレビ窓口がないのでカードを契約機で発行することができません。
ローンカードを契約機で発行して受け取りたいのなら、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』のような契約機を持つ銀行に申し込みをするのが良いでしょう。

バンクイックは、ソニー銀行カードローンよりやや金利が高いものの、それ以外のサービス内容はほとんど同じですし、融資スピード面やカードの受け取り方などの面では、確実にソニー銀行カードローンを凌いでいると言えます。

カードローンの優劣は、借入の目的やお金の使い道によって、人それぞれとはなりますが、カードを自宅に郵送されたくない人やなるべく早めにカードを受け取りたい人にとっては、ソニー銀行よりも三菱東京UFJ銀行のカードローンの方がおすすめです。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は、ソニー銀行と同じように、日本全国どこにお住まいの方も申し込みができるので、東京だけでなく地方に住んでいる人にとっても心強い味方となってくれますよ。

ソニー銀行カードローンの在籍確認は源泉徴収票や給与明細書などの書類でできますか?

ソニー銀行カードローンの在籍確認は源泉徴収票や給与明細書などの書類でできますか?

ソニー銀行カードローンを利用したい。
けれど、在籍確認で職場に電話連絡があることが気になる!

そんな方もいらっしゃるかと思うので、ソニー銀行カードローンの在籍確認が、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書類の提出で行なえないかを調べてみました。

それで、実際にソニー銀行カードローンの担当者に問い合わせてみたところ、どうやら、ソニー銀行カードローンの在籍確認は書類では行っていないようです。

したがって、ソニー銀行カードローンを利用するためには、どうしても会社への電話連絡をソニー銀行の担当者から受ける必要があります。
ただし、電話は一度受けてしまえば、その一回で終わりです。
在籍確認は一度でよいので、繰り返し、何回もカードローンのことで電話が職場にくるようなことはないので、過剰な心配をすることはないでしょう。

派遣社員やアルバイトの在籍確認の場合

派遣社員やアルバイトの在籍確認の場合

派遣社員やアルバイトの場合、一つの会社に短期で就労することもあります。
このケースだと、勤続期間が短いため、その会社の社員が名前を把握しておらず、結果、在籍確認の電話連絡が上手に取り次いでもらえなかった、というケースもあります。

電話連絡のみが在籍確認の方法だと、短期の派遣やアルバイトの場合、在籍確認がスムーズにいかないことも考えられます。
このような場合、ソニー銀行の担当者に事情を話してみましょう。
相談することで、電話連絡で在籍確認をすることが難しい、という事情を納得してもらえた場合、もしかしたら、書類による在籍確認をしてもらえることもあるかもしれません。

ちなみに、多くの金融機関の場合、派遣社員の在籍確認の場合は、電話連絡先を派遣先か、派遣元かを自由に指定することも可能です。
なので、在籍確認がしっかりできる連絡先に電話をしてもらえば、電話連絡の取り次ぎもスムーズにいくのではないでしょうか。

ソニー銀行カードローンの審査基準は?

ソニー銀行カードローンの審査基準は?

ソニー銀行カードローンの審査基準はどのようになっているのでしょうか。

ソニー銀行カードローンの審査基準について調べてみました。

【ソニー銀行カードローンの貸付条件】

・ソニー銀行に円普通預金を持つ人
(持っていなくても、同時に申し込むことが可能)
・申し込み時の年齢が満20歳以上65歳未満の人
・原則、安定した収入がある人
・日本国籍の人、あるいは外国籍の人で永住権を持つ人
・保証会社アコム株式会社の保証を受けられる人
・専業主婦(ただし、配偶者に安定収入が必要)
・アルバイトなどで安定収入がある学生

上の項目を満たせば、ソニー銀行カードローンの審査を通過する可能性は高いです。
ただし、ソニー銀行カードローンは一見、アルバイトや専業主婦の借入も可能であることから、簡単に審査が通るかのような印象を受けますが、実態はそうでもありません。

ソニー銀行カードローンの金利は、2.5~13.8%とかなり低く、この金利の低さは、銀行カードローンの中でもトップレベルです。
そのため、審査についても、他の金利が高いカードローンと比較すると、厳しいことが想定されます。

なので、どうしてもソニー銀行カードローンを利用したいのならば、申し込みフォームの記入の際に、できるだけ丁寧に記載し、間違いがないようにしたり、他社への借入があるのなら、そちらを延滞しないようにしたりすることが大切です。

ソニー銀行カードローンの審査時間、審査の流れについて解説してください

ソニー銀行カードローンの審査時間、審査の流れについて解説してください

ソニー銀行カードローンの審査時間について気になっている方もいらっしゃるかと思います。

ソニー銀行カードローンの審査時間ですが、こちらは最短即日融資なので上手に審査の流れを進めることができれば、最短で即日融資も可能です。

ただし、最短即日融資できるのは、ソニー銀行の口座を持っている方のみに限られますので、注意しましょう。

今すぐお金が必要だけれど、ソニー銀行の口座を持っていないという方は、別の借り入れ先を検討することが必要になります。

【カードローン別、融資スピード比較表】

金融機関名融資スピード
ソニー銀行最短即日融資
(ただし、ソニー銀行の口座が必要)
三菱東京UFJ銀行最短40分カード発行
(テレビ窓口利用時)
アコム最短1時間
プロミス最短1時間
モビット最短即日融資

上のバンクイック、アコム、プロミス、モビットは、即日融資をするための条件として、自社口座が必要ということはないので、急いで借り入れをする場合は、併せてこちらのカードローンの利用も検討してみると良いかもしれませんね。

ソニー銀行カードローンの審査の流れ・手順

ソニー銀行カードローンの審査の流れは以下のようになります。

ソニー銀行カードローン審査の流れ

1、ソニー銀行カードローンをインターネットか電話で申し込む
2、最短60分で審査の結果通知がくる
3、勤め先に在籍確認の電話連絡がある
4、収入証明書類の提出が必要な場合、FAXか郵送が必要となる。(ネットで送信不可)
5、本審査の結果、連絡後借り入れが可能となる。

ソニー銀行カードローンの申込みはインターネットか電話から手続きをすることが可能です。

しかし、書類の郵送はFAXや郵送の必要があります。

書類を郵送するのが面倒だ、という人は、アコム、プロミス、モビットは必要書類の送付がすべてWEB上でできます。

必要書類は、郵送またはFAXという手間を考えると、ソニー銀行は最短即日融資と謳ってはいるものの、即日に借入をすることに適したカードローンとは言えないでしょう。

なので、カードローンに融資スピードを求める人は、別のカードローンを利用した方が良いと思います。

以降の記事は、2015年6月に記載した記事ですので、最新の情報を求めている方は参考にされないようにお願いします。

【↓2015年6月に更新した記事ここから↓】ソニー銀行カードローンの在籍確認

ソニー銀行カードローンの在籍確認

以下の記事は、2015年6月以降、ソニー銀行カードローンの新規申込みを停止しているときの記事です。
2017年2月以降で、ソニー銀行カードローンの申込みを検討している方は、↑の記載を参考にするようお願いします。

ソニー銀行カードローンの審査は職場・会社に在籍確認があります

まず、ソニー銀行カードローンを審査の在籍確認が気になっている方に向けて、結論から申し上げますが、

ソニー銀行カードローンの申込みは2015年6月現在停止されています。

また、

ソニー銀行カードローンの審査の在籍確認は職場への電話連絡で行われていました。

もし、審査の在籍確認が職場への電話連絡があるのが困るという方は、どのような金融機関に融資のお願いをすればよいのでしょうか。

職場への電話連絡がなし、で借り入れができる金融機関をお探しならば、

モビットのWEB完結申込みを利用するのが良いでしょう。

モビットのWEB完結申込みは、職場と自宅への電話連絡がいきませんし、郵送物も自宅に届きません。

誰にも内緒の借り入れがしたいなら、モビットを利用しましょう。

ソニー銀行カードローンってどんな銀行カードローンなのでしょうか?

ソニー銀行カードローンってどんな銀行カードローン?

ソニー銀行は、ソニーフィナンシャルホールディングスのグループに属する銀行で、2001年にソニーや三井住友銀行などの出資によって設立されました。

そんなソニー銀行のカードローンの金利は6.5~12.0%とかなり低金利なので、金欠で困っている学生さんからアルバイトやパート主婦の方まで、こちらのカードローンを利用できれば家計がピンチのときにとても助かりますよね。

しかし、ソニー銀行カードローンが実際に学生さんが利用できるのかどうか知らない人も多いかと思いますので、今回はソニー銀行カードローンの学生ローン利用について調べました。

ソニー銀行カードローンは学生ローン利用できますか?

ソニー銀行カードローンは学生ローン利用できますか?

先ほども申し上げましたが、残念ながら、ソニー銀行カードローンは調べたところ、2015年3月現在、新規の申込みを停止しています。

よって、ソニー銀行カードローンを学生ローンとして利用することはできません。

しかしながら、ソニー銀行カードローンが利用できなくても、学生が利用できるローンは他にもあります。

【2015年6月に更新した記事ここまで】ソニー銀行カードローンよりも低金利な学生も利用可能なローンを教えてください!!

学生も使えるカードローンとして、当サイト『在籍確認・審査情報|銀行・消費者金融の金利・口コミ・増額おまとめ』では、消費者金融アコムを紹介しています。

アコムはメガバンクである三菱東京UFJ銀行の三菱UFJフィナンシャル・グループに属している消費者金融なので、アコムが提供しているカードローンは銀行系カードローンに分類されています。

メガバンクのグループに属するアコムのカードローンならば、安心して利用することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です