京都銀行カードローン「W(ワイド)」の審査・在籍確認について

京都銀行カードローン「W(ワイド)」の審査と在籍確認について

急な病気やけが、家電の故障などで手持ちのお金がピンチになるといったことは誰にでも起こりうることです。
そんな時には、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングなどで乗り切るのが良いでしょう。

しかし、どんな金融機関で借り入れをしたらよいのか迷ってしまいますね。

やはり周りの方に内緒で借りられるかどうかというのも選ぶうえでのポイントになるのではないでしょうか。
京都銀行は、京都市に本店を置く地方銀行です。

その京都銀行で扱っている京都銀公カードローン「W(ワイド)」は借り入れ限度額が5タイプから選べる変動金利型のカードローンで、平成26年4月21日現在の金利は年3.975%~11.975%と低金利です。

しかし京都銀行カードローンW(ワイド)の審査の際の在籍確認では会社への電話連絡があると思っておきましょう。

周りの方に内緒で借りたいということを最優先に考えている方は、三井住友銀行グループのモビットの「WEB完結申込」が便利です。

郵送物や電話連絡なしで借り入れができるため、会社への電話連絡についても心配しなくて大丈夫です。

btn_shosai_mobit

京都銀行は京都市下京区に本店があり、創立は昭和16年です。京都銀行では京都銀行カードローン「W(ワイド)」を取り扱っています。
借り入れの限度額は30万円、50万円、100万円、300万円、500万円から選ぶことができます。
使い道は事業性資金以外の目的なら自由で、限度額の範囲内なら繰り返し利用可能です。

金利は変動金利型で、年3.975%~11.975%(平成26年4月21日現在の金利です)と、銀行ならではの低金利となっています。

申し込みの条件は満20歳以上60歳未満の、継続して安定収入のある方となっています。

借り入れは京銀ローンカードによる借り入れと自動融資があります。

京都銀行カードローン「W(ワイド)」の審査の際には、在籍確認のための会社への電話連絡があるようです。

会社への電話連絡なしでお金を借りたい方には、三井住友銀行グループのモビットのWEB完結申込のご利用をお勧めします。

借り入れや返済に必要な三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていて、かつ全国健康保険協会発行の保険証または組合保険証を持っているという条件を満たせばこのWEB完結申込での借り入れができます。

申し込みや契約がすべてインターネットやメールで完結するため、自宅への郵送物もなく、審査の際の会社への在籍確認も電話連絡という形では行われないので、内緒でお金を借り入れしたい方にはぴったりの申し込み方法です。

また、短期間で返済できる目途の立っている方には、30日間無利息サービスが利用できる三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスがお勧めと言えます。

btn_shosai_promise

京都銀行カードローンWは、借り入れ限度額が5タイプから選べる低金利の銀行カードローンです。
しかし、審査の際には会社への電話連絡なしというわけにはいかないのが現実です。

会社への電話連絡なしでお金を借りる方法をおさがしの方にぴったりなのが、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの「WEB完結申込」です。

郵送物、電話連絡なしで、会社や家族に借り入れのことがバレる心配がありません。

また、少額や短期間の借り入れをご検討の方には、初めての契約でいくつかの条件を満たせば30日間無利息キャッシングができる三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスがお得です。

ぜひ、モビットやプロミスでのお借り入れを検討してみてくださいね。
続いては、京都銀行カードローン「W(ワイド)」の在籍確認についてもう少し詳しくお話ししていきます。

京都銀行カードローン「W(ワイド)」の在籍確認について

kyouto2
京都銀行カードローン「W(ワイド)」の在籍確認は、どんなふうに行われるのでしょうか。

お金を借りる時には低金利であるか、借り入れや返済がしやすいかなど、ご自分に合ったニーズによって選びたいものですが、やはり気になるのは審査についてではないでしょうか。

なかでも、会社に電話連絡をする「在籍確認」は、お金を借りるうえでの大きな心配事の一つといえるでしょう。

在籍確認は申告した会社に本当に勤めているかどうかを調べるための大事なステップですので、通常逃れることはできません。

京都銀行カードローン「W(ワイド)」の審査の際にも、この会社への電話連絡という形で行われる在籍確認があると思っておきましょう。

しかし実は、この在籍確認のための会社への電話連絡なしでお金を借りられる方法があるのです。

それは、三井住友銀行グループのモビットの「WEB完結申込」です。

 

京都銀行カードローン「W(ワイド)」の在籍確認について、もう少し詳しく見ていきましょう。
銀行や消費者金融での借り入れの審査の際には、この在籍確認は通常避けて通れないステップとなっています。

これは京都銀行カードローン「W(ワイド)」の審査に限ったことではありません。
では、実際にはどのようなことをするのでしょうか。

お金を借り入れるための申し込みの際には、会社などの勤務先を記入することになります。

この記入した会社に嘘はないか、本当に勤めているのかということを実際に会社へ電話連絡をして調べるのが在籍確認というわけなのです。

調べるといっても、「○○さんという方は本当にお勤めでしょうか」といった感じで聞くのではなく、通常は担当者が個人名で「○○と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか」という形で電話をかけます。

そのため、借り入れの審査のための電話だということは通常バレることはないでしょう。

もちろん、金融機関の担当者も借り入れの審査のための電話だとは言いませんので安心してください。

本人が不在でも、「本日は休みをとっております」といった返答があれば在籍確認は取れたことになります。

在籍確認の際、会社への電話をかける時には各金融機関とも細かな配慮をしているため、あまり心配をすることはありません。

通常は会社に借り入れのことがバレるといったことは無いはずです。

しかしそうとは分かっていてもやはり会社に電話をされるのは不安だという方が多いのも事実です。

この心配な会社への電話連絡なしでお金を借りたいという方にお勧めなのが、三井住友銀行グループのモビットの「WEB完結申込」です。

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていて、社会保険証または組合保険証を持っている方なら利用することができます。

このWEB完結申込は郵送物、電話連絡一切なしの申し込み方法ですので、審査の際の会社への在籍確認も電話連絡という形では行われず安心してお金を借りることができるのです。

また、少額を借りたい方には、30日間の無利息キャッシング期間がある三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスをお勧めします。

プロミスでの契約が初めてで、Eメールアドレスを登録し、Webで利用明細を確認することを選択すれば、この30日間無利息サービスを利用できます。

期間内に返済ができれば利息がかかることなく安心です。

京都銀行カードローンWの審査の際にも行われる在籍確認のための会社への電話連絡は、あまり心配しなくても良いということが分かりました。

しかし、銀行とのやりとりを誰かに聞かれて借り入れのことを勘付かれてしまったり、電話を取った人が名前を聞き間違えたりしたらどうしようなどやはり在籍確認への不安を数え上げたらきりがありませんね。

そんな心配をしなくて済むのが、三井住友銀行グループのモビットの「WEB完結申込」です。

電話連絡なし、郵送物も一切無しなので会社への電話連絡なしで安心してお金を借りられます。

また、すぐに返済できる目途の立っている借り入れをご検討なら、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの30日間無利息サービスは見逃せません。

初めての借り入れで不安がある方も無利息キャッシング期間を利用すれば利息がかからず安心できます。
ぜひ、モビットやプロミスの利用を検討してみましょう。

btn_shosai_mobit btn_shosai_promise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です