自動車ローン(オートローン)の選び方|他社比較する上で大切なポイント

自動車を購入するときに利用する金融商品といえば、自動車ローンです。

「自動車ローンじゃなくて、マイカーローンやオートローンじゃないの?」と疑問に思われる方もいらっしゃいますが、この3つは自動車を購入するためのローン商品ですのでサービス内容は同じですので心配することはありませんよ。

今回は、そんな自動車を購入するときにとても役に立つ金融商品『自動車ローン』について解説したいと思います。

当記事をご閲覧頂いている方の中には自動車を購入することを検討されている方は多いのではないかと思いますが、

「そういえば、購入する自動車については良くリサーチしていても、自動車を実際に買うときに組むことになるローンについては良く知らないな……」

という方も少なくないのではないでしょうか。

自動車ローンといっても銀行や信販会社、JAバンク、労金の自動車ローンはそれぞれサービス内容が異なります。

なので、自分に合った自動車ローンはどのようなものなのか、きちんと検討してからローンの利用に踏み切った方が良いでしょう。

自動車ローンの比較をする上で大切なところをまとめておきましたので、自動車ローンの選び方について興味がある方はぜひ参照して頂ければ幸いです。

自動車ローン選びのポイント【目次】

自動車ローンを選ぶときは事前に良くリサーチしておくことが大切です!

zidosya

冒頭でも少し触れましたが、自動車ローンを利用するときは、事前のリサーチが非常に重要となります。

というのも、自動車ディーラーにとっては、車の購入と一緒に自動車ローンを組んでもらった方が、車両の購入金額以外に、利息の返済という収益も得ることができますので、

「自動車の購入と一緒にローンも組んでしまった方が手続きが簡単に済みますよ」

などの魅力的な売り文句で、自社の自動車ローンをおすすめしてくるでしょう。

しかしながら、その言葉に流されてしまってはいけません。

いろいろな金融機関の自動車ローンの金利を確認しないうちに、自動車ディーラーの自動車ローンを利用してしまえば、それよりも安い金利で借入できるというチャンスを逃してしまうことに繋がります。

たとえば、

地方にお住まいの方は、メガバンクのマイカーローン商品は地方在住だから利用ができないだろう、という先入観から敬遠してしまいがちです。

あるいは、逆に、メガバンクは規模も大きいから地方銀行のマイカーローンよりは絶対金利が安いはず!

このような先入観もあるかと思います。

他にも、労働金庫(ろうきん)やネット銀行など、マイナーな金融機関となると、そもそも、その存在すら知らなかった、という場合もあるでしょう。

しかしながら、このような金融機関の自動車ローンも非常に低金利で利用ができるものや、キャンペーン期間中で期間限定で低金利で借りれるものもありますので、心当たりのあるものは徹底的に調べておいた方が良いでしょう。

自動車ディーラーの自動車ローンの場合、金利を明らかにしていないところもありますが、購入を検討していると言ってフリーダイヤルに電話すれば親切に教えてくれますし、銀行のマイカーローンであれば金利は公式ホームページに記載されているところが多いですので簡単にリサーチすることができるでしょう。

電話を一本かけるだけだったり、インターネットで検索したりするという作業は、実際には1時間もかかりません。

たったそれだけの作業を惜しまずにするだけで、後で支払い総額が十万円から数十万変わってくるので、借りる前にきちんと色々な金融機関の自動車ローンをリサーチしておくことがおすすめですよ。

それでは、次の項目で実際に借入先の金融機関を厳選して選ぶだけで、どの程度、総返済額や利息総額が異なってくるのかを例を挙げて紹介したいと思います。

【目次】に戻る

自動車ローンの金利は他社比較するとどのくらい違うのでしょうか?

zidosya1

自動車ローンというのは、ローンと名の付くことから分かるように、自分のお金ではなく他の人から借りたお金となります。

したがって、自動車ローンを利用するためには、借りたお金をすべて返済するということが条件となります。

しかしながら、借金といえば、まず思い浮かぶのが利息です。

自動車ローンを利用する上で、どこの会社の自動車ローンを利用すれば金利が安くなるか、というのは非常に気になるところですよね。

金利が安いところから借りれば、月々の返済額も少なくなりますし、総返済額を減らすことにも繋がります。

なので、どこの自動車ローンを組んだら、支払う利息が安くなるかを分かりやすくまとめてみました。

世界トップクラスの低燃費と定評のある人気自動車トヨタの『アクア』を購入するケースで総返済額、利息総額を調べてみました

トヨタのアクアは、一般社団法人『日本自動車販売協会連合会』の2015年の新車乗用車販売台数ランキングでトップに輝いている自動車ですので、購入を考えている方も多いのではないかと思います。

アクアのグレードにはG、S、Lの3つがあり、Gから順番に快適な装備が充実していますので、多くの自動車比較サイトではアクアのG、Sが購入にはおすすめとされていますが、中でも特におすすめとされているグレード『S』を購入することを前提として自動車ローンを組むことを今回は検討してみることにしましょう。

アクアのグレード『S』の購入条件はこちら↓となります。

今回は違いが分かりやすいように、自動車ディーラー、メガバンクと地方銀行、JA、ろうきんのマイカーローンの金利を計算してみました。

自動車ローンありの金融機関

まず、各金融機関の金利は以下のようになっています。

自動車ローン金利

表を一見してお分かりになるように、金利については自動車ディーラーが一番高い傾向にあります。

なので、できるだけ低金利で自動車ローンを利用したいのなら、銀行の自動車ローンを利用した方がよさそうですね。

実際の総返済額と利息の総額についても計算して表を作成したのでご覧になって頂ければと思います。↓

自動車ローン支払い総額 自動車ローン利息総額

このように、東京トヨペットの支払い利息が圧倒的に高いです。

利息が一番低い中央ろうきんとの差は18万円以上となりますので、自動車ローンを利用する際は、自動車ディーラーでローンを組むよりも、銀行などの金融機関の自動車ローンを利用した方がお得と言えますよね。

【目次】に戻る

自動車ローンは貸付金利だけで選んでしまって大丈夫なのでしょうか?

zidosya4

さて、自動車ローンを選ぶときに金利に注目することはとても大切なことではあるのですが、金利だけを見て申し込む自動車ローンを決定してしまうのは勿体ない場合があります。

というのも、先ほども述べましたが、自動車ローンには期間限定の金利優遇キャンペーンや特定のサービスを利用したり、申込み方を変えたりするだけで金利が優遇される場合もあるからです。

それでは、少しだけ例を挙げてご説明してみましょうか。

りそな銀行『りそなマイカーローン』を利用した場合

都市銀行の一つであるりそな銀行の自動車ローンである『りそなマイカーローン』は、通常のプランで申込みをした場合、適用される金利は4.475%となります。

これだけなら、自動車ディーラーの自動車ローンよりも少し金利が安くなる程度のものでしかありませんよね。

しかし、りそな銀行『りそなマイカーローン』を契約と同時に、専用のカードローンも一緒に契約するプランであるカードローンセット型を利用した場合、金利は3.975%となります。

他にも、りそな銀行の住宅ローンの利用者が、りそなマイカーローンを利用した場合は適用金利は3.475%となります。

そして、住宅ローンを利用者が、カードローンセット型のりそなマイカーローンを利用した場合の適用金利は2.975%となります。

したがって、りそな銀行『りそなマイカーローン』は、通常のタイプを利用するよりも、特定サービスを同時に利用すれば、最大で1.5%ほど金利を減らすことができることになりますよね。

このように、特定サービス利用で金利を優遇してくれる金融機関は他にもありますので、自分の使っている銀行のサービスや、それ以外にも知っている金融機関の自動車ローンの優遇サービスをよくチェックしておくことが大切です。

三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローンを利用した場合

三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローンは、メガバンクである三菱東京UFJ銀行が誇る低金利の自動車ローンです。

そんな三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローンは、インターネット申込みと窓口で申込みをした場合とでは適用される金利が異なります。

三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローンは、インターネット受付専用商品であり、こちらの金利は変動で2.975%です。

一方、三菱東京UFJ銀行のマイカーローンを窓口で申込むと、金利は変動タイプで6.475%となります。

インターネットから申し込むか、窓口で申し込むかによって、三菱東京UFJ銀行の自動車ローンは商品名が変わり、金利自体もガラリと異なりますので注意しましょう。

したがって、窓口で三菱東京UFJ銀行マイカーローンの申込みをするよりも、インターネットで三菱東京UFJ銀行ネットDEマイカーローンを利用した方が金利的にお得です。

奥の手!自分の勤めている会社から安い金利でお金を借りる方法もあります

ところで、自分の勤めている会社からお金を借りることができる場合もあることはご存知でしたか。

会社勤めや公務員の方なら、勤め先の従業員向けの貸付制度を使うことができる可能性もありますよ。

たとえば、公務員の場合は『地方職員共済組合』を利用すれば、低金利でお金を借りることができます。

地方職員共済組合の貸付制度を利用して自動車や家電製品などを購入する場合、普通貸付を利用することになりますが、こちらを利用する場合は、貸付金利や返済期間は↓のとおりです。

地方職員共済組合普通貸付

地方職員共済組合の貸付制度を利用するメリットとしては、低金利であることはもちろん、保証料が要らないという強みもあります。

なので、貸付制度が利用してお金を借りることができれば、返済についても安心ですよね。

公務員だけでなく、普通の会社で働いている方にも、『社員貸付制度』があります。

以前は、中小の会社には社員貸付制度を持つものはあまりなかったのですが、最近は大手の会社だけでなく、中小の企業にも社員貸付制度を持つものが増えてきました。

社員貸付制度を中小の会社が導入している理由としては、従業員が消費者金融からお金を借りないようにしてもらうためであったり、消費者金融からお金を借りて、それが滞納してしまった場合に給料を差し押さえられるようなリスクを回避したりするためだったりします。

確かに、消費者金融でお金を借りて、お給料が差し押さえられてしまった場合、従業員が生活することができなくなりため、会社の業務に支障をきたすことになりますよね。

社員貸付制度も、自動車ディーラーや銀行などの金融機関からお金を借りるよりも更に安く借入ができる可能性がありますので、自分の会社に貸付制度があるかどうか、調べてみるのも良いのではないでしょうか。

【目次】に戻る

おめあての金融機関の自動車ローンが見つかったら、返済シミュレーションをしてみましょう

zidosya3

購入する車両が決まり、自動車ローンの申込みをしたい金融機関が決まりましたら、一度、返済シミュレーションをしてみましょう。

自動車ローンの返済金額や利息は自分で計算するのは難しいし面倒なのですが、借入希望額や返済期間などわずか数か所の項目を打ち込むことで、一瞬で計算をしてくれる便利なサイトがあるので、実際に申込みをする前にあらかじめ計算しておきましょう。

やはり、どれくらいの価格の車両を購入し、自動車ローンの金利や返済期間はどのくらいなのか、ボーナス返済はするのかしないのか、などを申込みをする前に分かっていれば、想定外の総返済額や利息総額を提示されて慌ててしまうということもなくなりますよね。

簡単手軽に自動車ローンの返済シミュレーションができるサイトもあり、いくつかの項目を入力するだけで、パッと総返済額や利息総額が表示されますので興味のある方は使ってみてくださいね。

【目次】に戻る

自動車ローンには保証人が必要なケースもあります!

zidosya2

自動車ローンには保証人が必要となるケースもあります。

もちろん、一般的には、自動車ローンには保証人は不要です。

しかし、支払いが滞るようなリスクがある場合、自動車ディーラーや、自動車ローンの申込みをした金融機関の方から『保証人が必要です』と言われてしまうこともあります。

具体的には以下のケースの場合、保証人が必要となる可能性があります。

■自動車ローンの利用者が未成年である

■会社に勤めてまだ間もない(勤続年数1年未満)

■収入が不安定である

■支払い能力に懸念がある

■自動車ローンの年間返済額が顧客の年収の30%を超える

■自動車ローン以外に、年収の30%以上の借入がある。
※住宅ローンは除く

このような場合は、保証人が必要となる場合もあるので注意しましょう。

もし「保証人が必須」と言われて、身近に保証人になってくれる人がいなくて、しかし、どうしても自動車を購入する必要という場合は、カードローンを利用して自動車を購入するという手段もあります。

多くのカードローンの場合、保証会社が保証人となってくれるため、保証人を用意する必要がありません。

ただし、カードローンの場合、上限金利が10%を超えるものがほとんどであり、自動車ローンの方が低金利でお金を借りれることは言うまでもありません。

したがって、カードローンを利用して自動車を購入する場合は、ある程度頭金があり、カードを使った借入をすぐに返済できる見込みがあるときが望ましいかと思います。

低金利のカードローンならば、全国のどこからでも申込みができる三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』を利用するのも良いかでしょう。

消費者金融のカードローンには、初回の申込みの場合、無利息キャッシングが適用されますので、無利息でお得に借りたい方はアコムやプロミスを選ぶという選択肢もあるかと思います。

バンクイック、アコム、プロミス。

こちらのカードローンのサービス内容が詳しく知りたい方のために、金融商品の説明をしたページのリンクを貼っておきましたので、興味のある方はこちらもご覧になってみてくださいね。

バンクイックのサービスの詳細を知りたい

アコムのサービスの詳細を知りたい

プロミスのサービスの詳細を知りたい

【目次】に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です