綺麗な水、飲んでますか?

menu

水どうでしょう

水は1日何リットル飲めばいいの?水の飲み過ぎは危険?

水4-01

人間の体にとって水を飲むことは非常に大切なことです。
では、私たちの体の1日の水分排出量と摂取量をふまえて、生活の中でどのようなタイミングで、どのように水を飲めばよいのでしょうか?

1.水を飲むタイミング・量について(1日の摂取量の目安)

私たち人間の体は水分で構成されている割合が多く、成人の場合であれば体重の約60パーセントが水分でできていると言われています。

日々の生活では尿、便、汗などで水分が排出されるため、1日あたりに排出される水分量の合計は約2リットルから2.5リットルと考えられています。

では、毎日約2リットルから2.5リットルの水を飲めば良いのか?というとそういうことではありません。
というのも、食物から摂取している水分や、体内で発生する【代謝水】もあるからです。

ちなみに、代謝水というのは摂取した食物の栄養素が代謝されて生じる水分のことを言います。

この食べ物や代謝水からの水分摂取量というのが、1日あたり1リットル前後ぐらいと考えられているので、食事以外での飲料水から補給すべき1日の水分摂取量の目安というのは、約1.5リットル以上であると言えます。

ただ、食事内容の違いや運動量などをはじめとする生活習慣は人それぞれで異なり、食物や代謝水からの水分摂取量も違えば、排出される水分量も違うため、1.5リットルという水分摂取量はあくまでも平均的な目安であると捉えておき、「よく汗をかいたな・・・」と感じた時などは意識して水分補給をするなど、臨機応変に補給量を調整すると良いでしょう。

なお、この摂取量と排出量のバランスが崩れてしまうと、さまざまな症状があらわれます。
水分が不足すると、脱水症や熱中症の原因になることはTV等でも特集されることが多いのでよくご存知かと思います。
実はその他にも、過剰に摂取した場合、水中毒という症状が引き起こされ、内臓に負担がかかり体がだるくなったり消化不良を起こしたりすることがあります。
これは体内のナトリウム濃度が低下するためで、ひどい場合は死に至ることもあるのです。
ですので、一度に大量の水を摂取しないよう注意が必要です。

2.水は飲みすぎても大丈夫??

十分な摂取量に達していないのも危険なのですが、飲みすぎも体には良くありません。

健康な成人の人の腎臓が、1日に処理できる水分の量は15リットルとされています。
そのため、大量の水分を一度に取り込まない限りは、水分の摂りすぎにはならないのです。
ほとんどの人の場合、飲みすぎよりは飲まなさすぎの方が深刻な問題とされています。
ですので、なるべく一度に大量に水を飲むのではなく、日ごろから自身ののどの渇きに敏感になることで摂取量をオーバーすることなく水分を摂取するよう心がけてみてください。

※ちなみに※
十分な水分を摂らないとどうなってしまうのか?

水分量が少なすぎると、様々な問題を引き起こします。
水分は消化を助け、肌を健康的に保ち、満腹感を与え、食べ過ぎを防ぎ、腎臓を良好(毒素を排出してくれる)な状態に保ち、日々の活動を助けてくれます。
しかし、水分が足りていないと、これらの恩恵を受けられないばかりか、疲労感が増してしまうので注意してください。

関連記事