綺麗な水、飲んでますか?

menu

水どうでしょう

水は健康にどう効果があるの?


毎日健康的に過ごすには、一日1.5リットルの水分補給が理想的とされています。
この量は普通に生活しているだけでも必要な量で、食事などからとる分に加え「水」として飲む量となります。
しかし一度に飲むのではなくコップ1杯の水をこまめに飲むことが大切となり、少しずつ何度も飲んだ方が吸収しやすくなります。
吸収がうまくいくと体に必要な水分がきちんと補われるたので、体のあらゆる働きに健康的な効果が期待できます。

1.「水」は身体の通常機能を維持する助け

とある研究によると、水は代謝のスピードを上げ、身体の毒素を排出し、身体の中の流れをスムーズに整えることが分かってます。
通常、成人の身体の60%が水で構成されていることを考えると納得できることでしょう。

食べ物を消化し、血液を循環させ、口が乾燥するのを防ぐ、これ以外に私たちが全く当然のことと思っている数多くの事がなされるために水が必要なのです。喉が乾くのを待つ前に、水を飲みましょう。

2.「水」で毎日の健康管理!

オランダのマーストリヒト大学で行われた研究によると、深刻な頭痛や片頭痛の患者が毎日およそコップ7杯の水を飲むことで、生活の質が向上したことが発表されています。水を飲み、健康を保ちましょう。

3.無駄なカロリー摂取を「水」で抑える

いくつかの研究において、人は空腹と脱水状態を間違えて認識することがあると判明しています。
また、水を多く飲む人は小食であることも分かっています。
水を飲むことは健康保持のための食事を邪魔しませんが、不要なジャンクフードへの渇望を抑えることができるのです。

4.「水」はエネルギーレベルを向上させる

一般的に、脱水状態は疲労を招き、1日を過ごすのに必要な身体機能を徐々に低下させると言われてます。
しかし、飲む水の量が多ければ多いほど、身体は覚醒し、生き生きとした状態になることを感じることができるでしょう。

また、高pH値の水を摂ると身体の毒素排出を促し、身体の酸性度のバランスを整える助けとなるのです。
これは病気の予防にも繋がります。

5.最も健康的な飲み物、それが「水」

栄養的に全く価値のない飲み物も数多く存在します。
特に、炭酸飲料は砂糖を液化したようなものですし、多くの果汁も同様に大量の砂糖を含んでいます。

また、アルコールは節度を持って飲むべきものですし、スポーツドリンクが有効なのは運動強度の高い活動をしている最中だけです。

つまり、ほとんどの場合で、飲み物を注文するなら水が最も健康的な選択肢なのです。
さらに仕事やジムに行ったりする場合は、飲み水用のボトルを準備するか、出先でボトルなどを買うようにしましょう。
できれば、きれいな水源からボトリング工場まで直接供給されているようなブランドを探してください。
こういったブランドの多くは水源地に産業はなく、農業も行われていないため、水が農薬などで汚染されていることもありません。つまりボトルを空けて初めて水が外部の空気に触れるような状態が保たれているのです。
※ストレスやイライラの緩和などにも※

フランスで行われた実験結果によると、水をたくさん飲む生活を送った被験者は、「疲れを感じにくくなった」「気分が改善された」などの声が多く、逆に水分の摂取量を減らした被験者は「イライラした」「疲れやすくなった」などの声が多かったようです。

ジュースやコーヒー、スポーツドリンクなども、一応は水分を補給したことにはなりますが、「水」には乳化剤や香料などの化学的な人工物や糖分も含まれていないので、「水」の方がより純然たる水分補給と言えるでしょう。

普段からジュースやコーヒーばかりで水分補給をしてしまっている方は、水に切り替える生活をしばらく試してみると、身体や気持ちに前向きな変化を感じとることができるかもしれません!